『インプラント?』  旭区 歯科

みなさま、こんにちは。

今回は当院でもお受けいただけるインプラント治療についてのお話をさてて頂きます。

インプラント治療とはムシ歯、歯周病、破折(歯が折れてしまった)など様々な原因で、歯を失ってしまった所に、歯を支える骨(歯槽骨)に歯の根の代わりに人工的なネジ(チタンと呼ばれる骨の治療で最も使われている、人間の骨に近いので骨になじみやすい金属です)を埋め込み、その土台に歯のかぶせ物をしていく治療法です。

歯を失った時に治療をする『ブリッジ』や『入れ歯』とは違い、インプラントは『歯ぐきの上に乗せているもの』ではなく、『ご自身の歯に近い機能のもの』です。

歯ぐきの上に乗せている入れ歯は、歯ぐきとの間に隙間があります。そして歯にバネをかけているので、バネの所に食べ物がひっかかったり、隙間に入り込んでしまったりして、うまく噛め咬めないこともあります。

お口の中では『プラスチックの大きな異物』なので、違和感も強いようです。舌にあたって発音の妨げになったりすることもあります。

『ブリッジ』は、失った歯の両サイドの歯を大きく削ってかぶせ物を橋渡しにする型になり、健康な歯をたくさん削ってしまうところが『もったいない!』と思ってしまう治療法です。

しかし、インプラント治療は骨にネジを埋めるなんてこわい!というイメージですが、しっかり麻酔を行います。

通常の歯を抜く時の麻酔と同じく、意識もあるうえで行いますので、『抜歯程度』とお考えいただければと思います。『歯ぐきの上に乗せている物』は、不安定でお食事の時よく咬めなかったり、食べられるものが制限されてしまうので、入れ歯からインプラントへ変えられた方は、『食べ物がおいしく感じられるようになった!』と仰っております。

インプラント治療は、骨の厚みを測ったり、全身の状態を確認したり、その患者様それぞれ適応が違ってまいりますので、インプラント治療をご希望の方は、まずお気軽にご相談しにいらしてください。スタッフが細かくご説明してまいります。